プログラム(Program)

開催プログラムの概要および詳細です.

会議プログラム

10月24日(水)
時間会場(A)会場(B)会場(C)
13:00
〜13:10

オープニング
13:10
〜14:50
15:00
〜16:20
16:20
〜16:50

コーヒーブレイク
16:50
〜18:30
19:00
〜20:00

夕食
20:00
〜22:00

メンタリングセッションA(会場E)
交流会・メンタリングセッションB(会場D)
10月25日(木)
時間会場(A)会場(B)会場(C)
9:00
〜10:40
10:50
〜12:30
12:30
〜13:30

昼食
13:30
〜14:40

15:00
〜16:40
17:00
〜18:20
18:40
〜20:40

表彰式・懇親会(会場D)
10月26日(金)
時間会場(A)会場(B)会場(C)
9:00
〜10:30
10:40
〜12:30
12:30
〜13:20

昼食
13:20
〜14:20

14:20
〜14:30

クロージング

発表時間
Longプレゼンテーション  25分発表+5分質疑
Shortプレゼンテーション  15分発表+5分質疑



受付は...
(Registration Desk)

 総合受付は,SMC(スポーツマンズクラブ)の正面玄関から奥に入り,ギフトショップの角を左に入って奥に進んだところにあります.
 Please proceed to the registration desk by following the directions.

会場は...
(Session Rooms and the Banquet)

 各セッションの会場は,会場A〜Cです.招待講演は,ホール(会場E)で行います.
 Room A, B, and C are used for ordinary sessions. Invited talks will be held at Room E. The conference banquet will be held at Room D.

昼食・夕食は...
(Lunch and Dinner)

 24日(水)の夕食および25日(木),26日(金)の昼食は,申込者には受付付近でお弁当をお渡ししますので,受け取って会場A,B,または Cにてお召し上がり下さい.
 Dinner (lunch box style) on Wednesday, and Lunch box on Thursday and Friday will be provided for pre-ordered registrants. Please use the Room A, B, and C for your lunch and dinner.

 

<招待講演 (Invited Talk)>
 25日(木) 13:30〜14:40 (ホール)



株式アルゴリズム・トレードの現状
~個人投資家向け、機関投資家向けへのサービス例~


講演資料(PDF)

飯島 美徳
トレード・サイエンス株式会社

講演概要(予定):
1.アルゴリズム・トレードとは
  個人投資家向けアルゴ(=ロボット)の説明
  機関投資家向けアルゴの説明
2.個人投資家向けサービス
  売買シグナル提供
  アルゴ構築システムの提供
  問題点
3.機関投資家向けサービス
  アルゴ各種紹介
  電子執行、ダークプールの紹介
  問題点
4.今後の行方

講演者略歴:トレードサイエンス事業開発部長。カブロボファンド、マネックスシグナルなどを担当。1987年大和証券入社。クオンツによる運用モデルの開発、およびモデルを利用した自己ポジション運用に携わる。その後も三菱証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)を経て、クオンツ系モデルによる自己ポジション運用に従事。2006年からは機関投資家向けアルゴリズム・モデルを構築。2012年6月より現職。



 

<iJAWS招待講演 (JAWS/iJAWS Special Invited Talk)>
 26日(金) 13:20〜14:20 (ホール)



Towards a Logic-based, Unifying Framework for Computing
PDF version is here.



Robert Kowalski
Imperial College London, UK

Computing, as a scientific discipline, lacks a unifying framework. It consists, instead, of diverse techniques in such various areas as programming, databases, and Artificial Intelligence.

Logic programming was an early attempt to provide a unifying framework for computing, based on the use of logic for knowledge representation and problem-solving. This attempt had only limited success, arguably because it failed to address adequately the fundamental role of state transition systems in computing.

In this talk, I sketch a logic-based framework for state transition systems, in which states can variously represent sets of shared variables, relational databases, Herbrand models, or mental representations of the real world. Given an initial set of goals, the computational task is to solve the goals by generating an appropriate sequence of actions and associated state transitions. Logically, the task is to make the goals true by generating a model of the goals with an explicit representation of time. Operationally, the task is solved by maintaining only the current state, updating the state destructively. Frame axioms, which express that any facts not affected by an action persist from one state to the next state, are true in the model, but are not used operationally to generate it.


Robert Kowalski studied at the University of Chicago, the University of Bridgeport, Stanford University, the University of Warsaw, and the University of Edinburgh, where he completed his PhD in 1970. He was a Research Fellow at the University of Edinburgh until 1975, when he joined Imperial College London, becoming Professor of Computational Logic in 1983.

During the 1980s, Kowalski was actively involved in the British response to the Japanese Fifth Generation Project. At its peak in 1987, the Logic Programming Group, which he headed at the time, numbered approximately 50 researchers and support staff. He also served as an advisor to the UNDP Knowledge Based Systems Project in India and to DFKI, the German Institute for Artificial Intelligence. He co-ordinated the European Community Basic Research Project, Compulog, and was the founder of the European Compulog Network of Excellence. He served as the Head of the Department of Computing at Imperial College from 1997 to 1999, after which he was appointed Professor Emeritus and Senior Research Fellow. Since 2009, he has been an advisor to the World Health Organisation.

Kowalski is a Fellow of the Association for the Advancement of Artificial Intelligence, the European Co-ordinating Committee for Artificial Intelligence, and the Association for Computing Machinery. He received the IJCAI (International Joint Conference of Artificial Intelligence) award for Research Excellence in 2011.

Kowalski’s book Computational Logic and Human Thinking – How to be Artificially Intelligent was published by Cambridge University Press in July 2011.


 

<パネルディスカッション>
25日(木) 17:00〜18:20 (ホール)



企業と研究者を繋ぐ



パネリスト

内山 幸樹
(株)ホットリンク
略歴:1971年生まれ。東京大学大学院工学系研究科在学中に、日本最初期の検索エンジンの開発に関わる。博士課程を中退し、検索エンジンベンチャーの立上げに参画、2000年に株式会社ホットリンクを設立し、代表取締役CEOに就任。現在、2chデータの独占的商用利用権も保持し、ソーシャルメディア分析ツールのNo.1サービスを提供。著書に「仮想世界で暮らす法(ブルーバックス)」「1時間でわかる図解WEB2.0」。デジタルハリウッド大学院客員教授も務める。 エージェント技術とのかかわり:1996年に日本最初期の検索エンジン開発をして以降、本当に欲しい情報をフィルタリングをするためのサービスを追い求め、2000年より人工知能型キャラクターエージェント、ブックマーク・検索・レコメンド・コミュニティの融合サービス、WEB・ブログ・ソーシャルマイニング、金融予測エージェント予測等々、数々のエージェントサービスを開発し、事業化。

工藤 憲一
株式会社 野村総合研究所 コンサルティング事業本部
略歴: 1997年東京大学理学部地球惑星物理学科卒業。野村総合研究所に入社後、サプライチェーン及び医療情報分野のコンサルティングやシステム上流工程に携わる。筑波大学ビジネス科学研究科博士課程単位取得休学。日本在宅医学会、日本医療情報学会、日本放射線科専門医会・医会、経営情報学会、流通経済研究所等にて発表・投稿。

川村 隆浩
(株)東芝 研究開発センター 主任研究員
電気通信大学大学院情報システム学研究科 客員准教授
大阪大学大学院工学研究科非常勤講師
略歴: 1994年 早稲田大学大学院理工学研究科修了,同年(株)東芝入社. 2001年 早稲田大学より博士(工学)を取得. 2001年 米国カーネギ・メロン大学ロボット工学研究所 客員研究員(~2002年). 2003年 電気通信大学大学院情報システム学研究科 客員准教授(~現在). 2007年 大阪大学大学院工学研究科 非常勤講師(~現在). 2008年 (株)東芝 経営企画部 事業戦略担当(~2010年). 2010年 (株)東芝 研究開発センター 知識メディアラボラトリー(~現在). 人工知能学会 理事. 人工知能学会 セマンティックWebとオントロジー研究会(SWO) 主査. AAMAS,ISWC等 プログラム委員, W3C AC代表(2006-2010),など.

栗原 聡
大阪大学産業科学研究所/大阪大学大学院情報科学研究科 准教授
略歴: 1992年 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 計算機科学専攻修士課程修了.同 年NTT基礎研究所入社.慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科専任講師を 経て,2004年より現職.マルチエージェント,ネットワーク科学,ユビキタス コンピューティング研究に従事.これまで,人工知能学会理事,同学会知識ベースシステム研究会主査,日本ソフトウェア科学会マルチエージェントと協調計算研究会主査,人工知能学会編集委員会シニア編集委員など.現在,日本ソフトウェア科学会理事,人工知能学会編集委員会副編集委員長,人工知能学会 データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会顧問,電子情報通信学会人工知能と知識処理研究会専門委員長,情報処理学会知能システム研究会主査,AAMAS2013 Workshop co-chairなど.翻訳「群知能とデー タマイニング」,「スモールワールド」東京電機大学出版局,著書「社会基盤 としての情報通信」共立出版など.日本ソフトウェア科学会,人工知能学会, 情報処理学会,電子情報通信学会,人間情報学会,ACM,ESHIA 各会員.



発表時間
Longプレゼンテーション(末尾に(L))  25分発表+5分質疑
Shortプレゼンテーション(末尾に(S))  15分発表+5分質疑

 

<iJAWS(1)> 26日(金) 9:00〜10:30 会場(C)

座長(Chair):林 久志(東芝)


  1. A Scalable Distributed Architecture for Network- and QoS-aware Service Composition(L)
    Adrian Klein, Fuyuki Ishikawa, Shinichi Honiden

  2. Passive Code Review with Automatically-Generated Model Diagram(S)
    Yoshizane Hirose, Shun Hattori

  3. Distributed group formation among agents based on decisional structures and linguistic mediation rules(S)
    Rafik Hadfi, Takayuki Ito

  4. Modular Reasoning in Multi-Agent Systems Using Meta-Knowledge and Answer Set Programming(S)
    Tony Ribeiro, Katsumi Inoue, Gauvain Bourgne

 

<iJAWS(2)> 26日(金) 10:40〜12:30 会場(C)

座長(Chair):藤田 幸久(日立)


  1. Online Mechanism for Tradable Priority-Pass in A Theme-Park(S)
    Yuling Yue, Takeshi Nagae

  2. Trading Mechanisms and Learning Rules for Time-specific Permits with Multiple Purchase Opportunities under Dynamic Uncertainty(S)
    Xiaoyun Lu, Takeshi Nagae

  3. Deal Identification by Constraint Relaxation In Negotiations Over Multiple and Interdependent Issues(S)
    Raiye Hailu, Takayuki Ito

  4. Investigation of Individuality of Human Behaviors: Preliminary Result in Vehicle-Driving Domain(S)
    Hiroaki Kingetsu, Hiromitsu Hattori

  5. Smart House Load Management Scheme Using Scoring Rule Based Optimal Time Dependent Pricing(S)
    Shantanu Chakraborty, Takayuki Ito

 

<インタラクション(1)> 24日(水) 13:10〜14:50 会場(C)

座長(Chair):稲葉 通将(広島市立大)


  1. 人はどこにエージェントの境界を感じるのか 〜 ヒューマンロボットインタラクションにおけるエージェント境界認識のコントロール 〜(L)
    金 天海, 山崎 由美子, 長濱 俊介, 菅野 重樹

  2. ユーザからのフィードバックを考慮した献立表推薦システムの試作(S)
    西川 智佳, 永井 明彦, 伊藤 孝行

  3. ビデオ通話型音声対話サービス「モバイルメイちゃん」の開発(S)
    打矢 隆弘, 山本 大介, 柴川 元宏, 吉田 真基, 西村 良太, 内匠 逸

 

<インタラクション(2)> 24日(水) 15:00〜16:20 会場(C)

座長(Chair):山本 倫也(関西学院大)


  1. 閲覧行動タイプに基づいたウェブ広告配信シミュレーションモデル(L)
    柴田 一樹, 和泉 潔, 磯崎 直樹, 吉村 忍

  2. シミュレーションによる組織の状況に対応したITリーダーの効率的な育成方法の試案(S)
    佐々木 康浩, 吉川 厚, 寺野 隆雄

  3. 大規模エージェントモデルにおける近傍探索法の検証(S)
    金 正福, 川村 秀憲, 鈴木 恵二

 

<WEB・ネットワーク・ソーシャルメディア> 26日(金) 10:40〜12:30 会場(A)

座長(Chair):高橋 竜一(早稲田大)


  1. CRFを用いたメディア情報の抽出とLinked Data化 ~ ソーシャルメディアとマスメディアの比較事例 ~(L)
    越川 兼地, 川村 隆浩, 中川 博之, 田原 康之, 大須賀 昭彦

  2. ユーザー間実距離を用いたSNSユーザー評価手法の構築と評価(S)
    大塚 孝信, 吉村 卓也, 伊藤 孝行

  3. Twitter上のフォロー関係を用いた信頼性の高い未知コンテンツの推薦(S)
    折笠 裕樹, 中川 博之, 田原 康之, 大須賀 昭彦

  4. Formalizing the resilience of open dynamic systems(S)
    Kazuhiro Minami, Tenda Okimoto, Tomoya Tanjo, Nicolas Schwind, Hei Chan, Katsumi Inoue, Hiroshi Murayama

  5. ユビキタス環境に向けたリポジトリ型マルチエージェントフレームワークの拡張(S)
    立松 直也, 打矢 隆弘, 内匠 逸, 木下 哲男

 

<エージェント記述言語(1)> 24日(水) 13:10〜14:50 会場(A)

座長(Chair):藤田 恵(奈良女子大)


  1. 行為のアトラクター状態を考慮した知能ロボットについて(S)
    高田 司郎, 新出 尚之

  2. 役割指向テンプレートジェネレータを利用したエージェントシステムの効果的な設計と実装(S)
    佐々木 晃, 柏木 孝仁, 田沼 英樹

  3. 効用空間の変化に応じた戦略切り替えを用いた交渉に基づくクラウド資源配置システムの試作(S)
    石川 貴文, 福田 直樹

 

<エージェント記述言語(2)> 24日(水) 15:00〜16:20 会場(A)

座長(Chair):中島 悠(京大)


  1. 動的な戦略の変化を考慮した多者間交渉におけるメタ戦略の解析のためのシステムの実現(S)
    鶴橋 吉矩, 福田 直樹

  2. リアルタイムデータ集計を行う高速マルチエージェントシステムにおけるエー ジェント分散配置の性能評価(S)
    村田 悠也, 山本 学, 寺野 隆雄

  3. エージェントベースアーキテクチャによるキャッシュレスマルチプロセッサシステムの開発(S)
    田沼 英樹

  4. 連続した状態空間での合理的エージェントの行為を扱う論理モデルの試み(S)
    新出 尚之, 高田 司郎, 藤田 恵

 

<オークション・最適化・制度設計(1)> 25日(木) 9:00〜10:40 会場(B)

座長(Chair):藤井 秀樹(東大)


  1. 多目的分散制約最適化問題における厳密/非厳密解法の提案(L)
    沖本 天太, ジョ ヨンジュン, 上田 俊, 岩崎 敦, 櫻井 祐子, 横尾 真, 井上 克己

  2. エージェントシミュレーションによる電力買取制度への価格変動制導入の影響分析(L)
    川口 将吾, 金森 亮, 伊藤 孝行

  3. 組合せオークションに基づく製造業事業所向け電力割当に関する一考察(S)
    福田 直樹

 

<オークション・最適化・制度設計(2)> 25日(木) 10:50〜12:30 会場(B)

座長(Chair):倉橋 節也(筑波大)


  1. 探索停滞時にパラメータを再設定するDifferential Evolution on Scattered Parents(L)
    岩井 亮, 加藤 昇平

  2. BnB-ADOPT_P : 分散制約最適化問題におけるハイブリッド型の解法の提案(S)
    沖本 天太, 山本 将, 櫻井 祐子, 横尾 真, 井上 克巳

  3. 最良解との比によるペナルティを導入したACOの改良手法(S)
    芳賀 光瑠, 加藤 昇平

  4. クラウドソーシングにおける品質コントロールの一考察(S)
    櫻井 祐子, 沖本 天太, 岡 雅晃, 兵藤 明彦, 篠田 正人, 横尾 真

 

<オークション・最適化・制度設計(3)> 26日(金) 9:00〜10:30 会場(B)

座長(Chair):藤田 悟(法政大)


  1. 時系列的に変化する効用に基づくエージェント間交渉の仲介手法の提案(L)
    原 圭佑, 奥村 命, 伊藤 孝行

  2. バッテリ制限付きマルチロボットによる継続的な巡回清掃における行動計画法の提案とその評価(L)
    米田 圭佑, 加藤 千紘, 菅原 俊治

  3. DeQED: 複雑な局所問題を伴う分散制約最適化問題のためのアルゴリズム(L)
    波多野 大督, 平山 勝敏

 

<オークション・最適化・制度設計(4)> 26日(金) 10:40〜12:30 会場(B)

座長(Chair):沖本 天太(国立情報学研)


  1. 正と負の利得が混在するルール集合による協力ゲームの簡略表記法の分析(S)
    橋本 直幸, 大田 直樹, 上田 俊, 岩崎 敦, 横尾 真

  2. 分散制約最適化問題のための対称な協調探索アルゴリズムの検討(S)
    松井 俊浩, 松尾 啓志

  3. 駐車場管理のためのOnline Mechanismの提案(S)
    伊藤 孝行, 金森 亮, 奥村 命

  4. 環境規制下における企業動向に関する研究(S)
    大野 文夫, 高橋 大志, 寺野 隆雄

  5. 多層一般化相互割当問題の定式化とその解法(S)
    花田 研太, 平山 勝敏

 

<人工市場・シミュレーション(1)> 24日(水) 16:50〜18:30 会場(C)

座長(Chair):秋山 英三(筑波大)


  1. 可能世界ブラウザとしてのエージェントシミュレーション 〜 ターゲットマーケティングへの応用 〜(L)
    和泉 潔, 池田 竜一, 山本 仁志, 諏訪 博彦, 岡田 勇, 磯崎 直樹, 服部 進

  2. 消費者生成型広告のエージェントベース・モデル(S)
    水野 誠

  3. Single Agent Optimal Pricing under Market Uncertainty by Using POMDP(S)
    Dong Hao, Atsushi Iwasaki, Makoto Yokoo, YongJoon Joe, Michihiro Kandori, Ichiro Obara

  4. 難病患者情報登録のためのCRCの配置・雇用形態とコスト分析(S)
    市川 学, 出口 弘, 金谷 泰宏

 

<人工市場・シミュレーション(2)> 25日(木) 9:00〜10:40 会場(C)

座長(Chair):諏訪 博彦(電通大)


  1. マルチエージェントシミュレーションによる政治的意思決定における序数的効用が投票に与える影響分析(L)
    須藤 勇一郎, 武藤 敦子, 加藤 昇平

  2. 大規模群集流動の制御に向けたシミュレーション環境の構築(L)
    山下 倫央, 岡田 崇, 野田 五十樹

  3. マルチモーダル交通シミュレーションのための交通行動選択モデルの開発(S)
    宮崎 保明, 藤井 秀樹, 吉村 忍

  4. エージェント・ベース・モデルによるイノベーション要因の分析(S)
    木村 幸平, 山田 隆志, 吉川 厚, 山本 学, 寺野 隆雄

 

<人工市場・シミュレーション(3)> 25日(木) 10:50〜12:30 会場(C)

座長(Chair):笹井 一人(東北大)


  1. エージェントシミュレーションでケースを説明する(S)
    小林 知巳, 高橋 聡, 國上 真章, 吉川 厚, 寺野 隆雄

  2. ソシオン理論に基づいた学校のクラス内のいじめのモデル化(S)
    大隅 俊宏, 大澤 博隆, 今井 倫太

  3. マルチエージェントシミュレーションによる複数の再生可能エネルギー促進政策の影響分析(S)
    西野 成昭, 吉川 歩

  4. エージェントベースアプローチによる中国モバイル通信市場戦略分析(S)
    王 煒揚, 市川 学, 出口 弘

  5. エージェントベースモデルを用いた国際金融危機中の市場相関に関する研究(S)
    榎原 悠太, 陳 昱, 大橋 弘忠, 鳥海 不二夫

 

<マルチエージェントと学習(1)> 25日(木) 9:00〜10:40 会場(A)

座長(Chair):森山 甲一(阪大)


  1. 交代取引ゲームにおける交渉拒絶の効果と他者識別規則の発達(L)
    大澤 博隆, 今井 倫太

  2. 非干渉状態に着目したNashQ-learningの改善(S)
    許 海遅, 荒井 幸代

  3. 企業間協調における信頼できるメディエータの一考察(S)
    永井 明彦, 伊藤 孝行, 坪井 辰之助

  4. マルチエージェントシミュレーションのためのパラメータサーベイ機構の開発(S)
    岩崎 裕太郎, 八槇 博史

 

<マルチエージェントと学習(2)> 25日(木) 10:50〜12:30 会場(A)

座長(Chair):松井 藤五郎(中部大)


  1. 階層型組織の再編成手法によるチーム編成の効率化とその評価(L)
    浦川 一紀, 菅原 俊治

  2. ANAC2012決勝大会での割引効用に基づく複数論点交渉問題に対するエージェント戦略の解析(S)
    森井 翔太, 川口 将吾, 伊藤 孝行

  3. 強化学習エージェントによる地域間電力融通(S)
    加賀谷 駿, 荒井 幸代

 

<マルチエージェントと学習(3)> 26日(金) 9:00〜10:30 会場(A)

座長(Chair):小川 祐樹(産総研)


  1. 動的環境下において周期推定を行う強化学習(L)
    角野 翔太, 加藤 昇平

  2. 双方向フィードバック機能を有するジョブマッチングシステムの提案(S)
    角田 朋之, 小野 昴, 峯 恒憲

  3. GAを用いたシステムトレードにおける損失に着目した適合度関数の設定(S)
    新井 佑弥, 折原 良平, 中川 博之, 田原 康之, 大須賀 昭彦

  4. 知的マルチエージェントシステムにおける強化学習エージェント設計支援機構(S)
    板津呂 翔, 打矢 隆弘, 内匠 逸, 木下 哲男

 

<集合知> 24日(水) 13:10〜14:50 会場(B)

座長(Chair):大囿 忠親(名工大)


  1. クラウドソーシングにおける不誠実ワーカー排除に向けた報酬設定法の提案(L)
    王 美楽, 松原 繁夫

  2. ソーシャル・キャピタルが組織的知識創造に与える影響を考慮した組織設計手法の提案(S)
    清水 悟, 奥田 隆史, 井手口 哲夫, 田 学軍

  3. OpenStreetMapにおいて集合的に共同作成された地図情報の品質評価(S)
    早川 知道, 伊藤 孝行

  4. 制約の動的緩和理論における多様性の形成 〜 企業活動における創造的問題解決による集合知の生成を目指して 〜(S)
    山内 貴弘

 

<センサ・実データ> 24日(水) 16:50〜18:30 会場(B)

座長(Chair):鄭 顕志(国立情報学研)


  1. UAVとUGVの協調動作による障害物撤去に向けて(L)
    仲村 滋夫, 中川 博之, 田原 康之, 大須賀 昭彦

  2. 設置が容易なワイヤレスセンサネットワークの試作と評価(S)
    大塚 孝信, 坪井 辰之助, 吉村 卓也, 伊藤 孝行

  3. 共生コンピューティングにおける共生基盤機能の設計(S)
    藤田 茂

  4. 能動的情報資源に基づく自律ネットワーク管理(S)
    笹井 一人, 高橋 秀幸, 北形 元, 木下 哲男

 

<避難・レスキュー・減災> 24日(水) 15:00〜16:20 会場(B)

座長(Chair):金森 亮(名工大)


  1. 避難誘導シミュレーションにおける情報伝達モデルの検討(S)
    岡谷 賢, 高橋 友一

  2. すれ違い通信を用いた登山ナビゲーションシステム(S)
    野坂 俊介, 岸野 寛史, 奥田 唯, 北村 泰彦

  3. 効果的な災害避難のための分散マルチエージェントアプローチ(S)
    木下 克也, 飯塚 泰樹

  4. 災害時医療における人員資源配分のシミュレーションによる評価(S)
    野田 五十樹



<ライトニングトーク> 25日(木) 15:00〜16:40 (ホール)