合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011 (JAWS2011)
in conjunction with
International JAWS (iJAWS2011)

2011年10月26日(水) - 28日(金)
会場:熱海後楽園ホテル

What's New!

  • 2011/12/01:情報処理学会 論文誌の特集号CFPが公開されました。投稿締切 2012年1月13日(金)
  • 2011/12/01: CFP site for special issue due Jan. 13 2012
  • 2011/11/01:論文賞の受賞情報を更新しました。
  • 2011/10/24:初日(26日)に熱海駅から会場までのシャトルバスを臨時で運行いたします。バスの運行スケジュールはこちら。
  • 2011/10/3:タイムテーブルを更新しました。
  • 2011/9/12:参加登録&宿泊申込の受付を開始しました。
  • 2011/8/12:発表申し込みをして数時間しても返信メールが届かない場合は再度申込をお願いします。
  • 2011/8/8:招待講演の講演内容が全て決まりました。
  • 2011/8/1:発表申し込み・論文投稿の受付を開始しました。
    • 8月12日(金) 発表申込(アブスト)締切、8月22日(月) 論文原稿締切。
  • 2011/7/25:論文フォーマットを公開しました。
  • 2011/7/1:JAWS2011ホームページを公開しました。


エージェントは利用者や他のエージェントと知的に相互作用する自律的ソフトウェアであり、次世代の分散システムを構築する中核的技術として国内外において盛んに研究が進められています。JAWSはこのような分野の研究交流の場として、日本ソフトウェア科学会「マルチエージェントと協調計算」研究会、電子情報通信学会「人工知能と知識処理」研究会、情報処理学会「知能システム」研究会、人工知能学会「知識ベースシステム」研究会、IEEE Computer Society Japan Chapterが協同で開催する学会横断的なイベントです。


本年は、熱海後楽園ホテルでJAWS2011/iJAWS2011を開催することとなりました。エージェント研究に関する国内の主要研究会が集結した場でエージェントの研究・開発者が一同に集まり、討論や情報交換を行うことは、極めて効果的かつ意味のあることと考えます。JAWS2011/iJAWS201では、一般セッションのほか、招待講演特別セッション優秀論文セッションポスターセッションメンタリングセッションなどのワークショップを予定しています。合宿形式の開催とすることで、時間を気にすることなく密度の濃い議論と交流が可能となります。


本年のJAWSはちょうど10回目を迎える節目の年となりました。そのため、いくつかの特別企画をもうけました。例えば、エージェント研究の各分野での最新動向を概観できる優秀論文セッション、もっとも影響力の大きかったエージェント論文を決めるJAWS10周年記念賞などを企画しています。また、例年より多くの国内と海外の大変興味深い招待講演を予定しています。さらに、本年度より新たに設けたIEEE Computer Society Japan Chapterからの若手奨励賞をはじめ、優秀な論文を奨励する賞も充実させています。


昨年から引き続き、international JAWS2011 (iJAWS2011)を開催します。これまで、JAWSでは、留学生などの英語発表論文は一般のセッションで発表して頂いていました。近年、留学生の参加が増加しているだけでなく、博士課程の学生など若手研究者による、海外での学会活動の機会が増加しています。そのため、国内でも英語論文発表の場を増やし、英語での議論や討論を行えるようにコミュニティとしてバックアップしていきたいと考えます。iJAWS PC Chairは京都大学David Kinney先生が務めます。iJAWS2011は、JAWS2011の併設ワークショップとして開催します。留学生だけでなく、博士過程の学生など若手研究者の皆さんからの応募をお待ちしています。


エージェントの研究開発に携わっておられる方はもちろん、関連技術やその応用に興味をお持ちの方々の幅広い参加を期待しています。皆様奮ってのご投稿・ご参加をお待ちしております。また、JAWS2011終了後には、情報処理学会論文誌にて「エージェントの理論とその応用」特集号の論文募集を行う予定です。シンポジウム論文をもとに、特集号にも是非ご投稿ください。








Last-modified: 2011-12-01 (木) 16:43:15 (1766d)