プログラム

JAWS2010では、多彩なプログラムを計画しています。

なお、スケジュールとして

  • 初日は午後4時からセッション開始
  • 最終日は午後2時15分~3時にセッション終了

を予定しております。
例年と異なり、最終日午後にもセッションを行う予定です。
詳細プログラムは後日お知らせします。

一般セッション

  • ロング発表研究論文の発表時間は25分(発表20分+質疑5分)です。
  • ショート発表研究論文の発表時間は10分(発表)です。
  • ショート発表研究論文は,不採録はありません.

特別セッション

第160回知能システム研究発表会

情報処理学会知能システム研究会(SIG-ICS)は,以下の日程で特別セッションを行います.

発表希望者はJAWS2010の投稿フローとは別に論文投稿を受け付けます.
なお,最優秀論文賞・学生奨励賞の対象にはなりませんのでご了承ください.

開催日2010年10月29日(金)
申込締切2010年9月6日(月)
原稿提出期限2010年9月27日(月)

下記のメールアドレスに,著者,発表論文名,アブストラクト200字以内,所属,氏名,連絡先,電話番号、メールアドレスをお送りください.9月10日頃原稿執筆依頼を学会からお送り致します。

照会先:
山形大学大学院理工学研究科
准教授 松尾徳朗
ics160(at mark)e-activity.org

その他の特別セッション

  • JAWS2010のテーマ「エコ&マルチエージェント」に関する特別セッションを行う予定です。
  • 電子情報通信学会 サービスコンピューティング時限研究専門委員会と特別セッションを行う予定です。

企画セッション

本セッションは、エージェントシミュレーションが潜在的に活用できそうな分野を選定し、研究者(学生、または研究室単位での参加も可能)から提案を募り、1年後のJAWSで発表することを条件に実データを貸し出し、エージェントシミュレーション研究を行ってもらう試みとして企画しました。

本企画は、ビジネスに関するデータを持ちながらもその活用方法に悩む、またはデータマイニングや統計分析とはひと味違うアプローチを求めている企業や組織に対して、アカデミアの技術と知恵の活用による課題解決を提案するものです。

参加者は、提供データを利用してエージェントシミュレーションに関連した研究を推進すると共に、1年後のJAWSの企画セッションでの研究成果発表を義務付けられます。アカデミアと企業人両方を集め、コンペティション形式で成果報告セッションを行うことを予定しています。

2010年の課題

データセクション株式会社より提供いただく以下 のデータを活用し,エージェントシミュレーションに関連した研究を実施いただきます.

  • 提供データ
    ブログ最大8億件(過去5年)、主要ニュース、掲示板、ツイッターの書き込み等に関するデータ

例えば、こうした膨大なクチコミデータは、ハイパーリンクやクチコミ言及の関係性ネットワークであり、その上で動くマルチエージェントシミュレーションに関する研究が期待される。

  • 研究テーマ・活用例
    • ブログやツイッターから情報収集して、経済・社会シミュレーションの入力として利用
    • 分散した情報源をリアルタイムに嗅ぎ回り、隠れたリスク情報を即時に発見するエージェント
    • 高精度にスパム情報を発見するエージェント

応募方法

別紙の研究計画書に記入の上、2010年9月10日までに下記アドレスに送付ください。

応募書類:研究計画書(word形式)
提出先:jaws_mas(at mark)ai.soc.i.kyoto-u.ac.jp

採択された場合は、JAWS-2010で研究計画をショート発表として申し込んで頂きます。
なお、8月24日までの発表申込の対象外となります。

スケジュール

研究計画書 申し込み〆切り2010年9月10日
審査結果通知2010年9月17日
JAWSショートペーパー投稿〆切り2010年9月30日
JAWS2010で研究計画案を発表2010年10月27-29日
JAWS2011で研究発表2011年10月

セッション幹事

和泉 潔
西野 成昭
服部 宏充

その他

本セッションについてのご質問等は、下記アドレス宛にお寄せ下さい。
jaws_mas(at mark)ai.soc.i.kyoto-u.ac.jp

ポスターセッション

  • 発表者と参加者が直接議論できる時間を増やすためにポスターセッションを行います。
  • ロング・ショート発表研究論文ともに全ての発表者に、ポスターを持参して頂きます。
  • ポスターボードサイズはA1サイズを予定しています。

ポジションペーパー発表セッション

  • 全ての参加者にポジションペーパーを持参して頂き、少人数のグループ単位でポジションペーパーの発表を行うことを予定しています。
  • ポジションペーパーの記載内容については、後日Webページにてお知らせします。

メンタリングセッション

  • 毎年、多くの学生のみなさんにご参加頂いているメンタリングセッションを今年も行う予定です。
  • ポジションペーパー発表セッションとの併設セッションとなりますので、メンタリングセッション希望者はポジションペーパー発表セッションへは参加できません。

セッション幹事

大田 直樹

学生セッション

  • JAWSには毎年多数の学生の方にご参加頂いています。今年は、学生間の交流を深めるために学生企画プログラムを行います。
  • 学生だけでグループを組みグループワークを通じて、研究紹介や自らの研究が社会問題等にどのように貢献できるかを検討して頂き、グループワークの取り纏め結果を発表して頂きます。

セッション幹事

中島 悠

パネルディスカッション

  • 「マルチエージェントシステムの未来予想図」というタイトル(仮)で,未来を担う研究者らをパネラーとしてマルチエージェントシステムの研究の方向性やコミュニティのあり方に関する討論を行う予定です。

招待講演

招待講演「グーグルのグリーンITへの取り組み」

  • 日時:10月28日(木)午後
  • 講演者:グーグル株式会社 村上憲郎名誉会長

招待講演「Cyber-Physical Systemsによる社会変革と、情報技術への挑戦」

  • 日時:10月29日(金)午前
  • 講演者:丸山 宏様
Last-modified: 2011-06-20 (月) 13:34:05 (3300d)