合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010
(JAWS2010)
in conjunction with
International JAWS (iJAWS2010)


2010年10月27日(水) - 29日(金)
会場:新富良野プリンスホテル
ロング発表研究論文原稿締切:2010年8月31日(火)
ショート発表研究論文原稿締切:2010年9月30日(金)


What's New!

  • 2010/11/10:JAWS2010,iJAWS2010の各賞の受賞者を掲載しました.
  • 2010/11/09:Presentation slides of chair talk by David Kinny has been uploaded. See Presentation slides
  • 2010/11/04:信学会特集号論文募集のお知らせを公開しています.今回は和文論文のみの募集です.締切は2011年1月13日です.
  • 2010/10/24:セッション座長を掲載しました.
  • 2010/10/22:参加申込みを締め切りました.これから参加申込み希望の方は会場にて参加登録をしてください.
  • 2010/10/22:宿泊申込みを締め切りました.
  • 2010/10/20:ショート発表論文の査読結果通知を開始しました.明日中には全員の方に結果を通知しますので,未だ届いていない方はお待ちください.
  • 2010/10/08:ショート発表論文の不採録はございません.査読結果は評点のみとなります.
  • 2010/10/08:発表プログラムの暫定版(10月8日版)を公開しています.
  • 2010/10/06:発表時間について,ロング発表論文は25分(発表20分+質疑5分),ショート発表論文は10分です.
  • 2010/10/05:JAWS2010への参加申込及び宿泊申し込みを開始いたしました。参加申込&宿泊申し込みページよりお申し込みください。
  • 2010/10/05:新千歳空港からのバスは, 初日は午後12時に新千歳空港を出発,最終日は新富良野プリンスホテルを 午後2時15~30分に出発します(前のアナウンスよりも早めになりました).約3時間の予定ですが,天候や道路状況に より遅延の可能性のあります.最終日のフライトは出来る限り余裕を持って 出発時刻をお決めください.
  • 2010/9/23:空港からのバスについて,利用希望を参加申込の際に確認させていただきますが,初日は新千歳空港~新富良野プリンスホテルを午後12時ごろ発,最終日は新富良野プリンスホテル~新千歳空港を午後3時30分ごろ発の予定で運行する予定です.所要時間は約3時間です.旭川空港からのバスは利用希望者数によって運行を決定します.
  • 2010/9/21:発表申込は終了しました。申込頂き、ありがとうございました。
  • 2010/9/13:情報処理学会知能システム研究会 第160回知能システム研究発表会の開催日が10月27日から29日に変更になりました。
  • 2010/9/10:招待講演として丸山宏様「Cyber-Physical Systemsによる社会変革と、情報技術への挑戦」をご講演頂くことになりました。
  • 2010/9/05:招待講演としてグーグル株式会社 村上憲郎名誉会長「グーグルのグリーンITへの取り組み」をご講演頂くことになりました。
  • 2010/9/01:ロング発表投稿論文の投稿締切日の延期は行いません。投稿締切に間に合わない場合はロング発表からショート発表への投稿区分変更をお願い致します。その際は、問い合わせ先までメールにてご連絡ください。9月1日午前10時にて投稿サイトを一旦閉じさせていただきます。ショート発表論文投稿は9月6日(月)より受け付けます。
  • 2010/8/31:論文の投稿はWebページからしか受け付けておりません。タイトルアブスト等の変更がある場合は、変更内容のみを別途、問い合わせ先へメールをお願いします。
  • 2010/8/30:スタイルファイルの文字コードはEUCです。従いまして、ご自身の環境に合わせてSHIFT-JIS等に変換をして文字コードの統一をお願いいたします。文字コードが統一されていない場合、いくつかのバグが生じることが確認されています。
  • 2010/8/25:ロング発表論文の申込は終了しました。 ショート発表論文の申込みは引き続き受け付けています。多数の申込みをお待ちしています。
  • 2010/8/24:iJAWS-2010用のLaTeX2e用スタイルファイルを公開いたしました。iJAWS2010の投稿ページをご覧ください。
  • 2010/8/24:LaTeX2e stylefile for iJAWS-2010 has been uploaded. See iJAWS 2010 Sbumission.
  • 2010/8/24:投稿を考えていらっしゃる方々のご要望にお応えしショート発表申込締切を9月20日(月)に延期しました。ショート発表での多数のご参加をお待ちしています!
  • 2010/8/24:Short paper abstract submission deadline has been extended to 9/20/2010.
  • 2010/8/23:今回、ツアーを企画しておりません。 航空券の手配はご自身でお願いします。宿泊申込みをJAWS価格でご提供します。宿泊代に関してはもうしばらくお待ちください。
  • 2010/8/18:企画セッション「実データに基づくエージェントシミュレーション・チャレンジセッション」の研究提案募集が開始されました。詳細は企画セッションをご覧ください。
  • 2010/8/13:(発表申込をされた皆様へのお知らせ)発表申込後、登録完了メールが届きます。登録完了メールが届いていない場合はjaws2010_core(at mark)googlegroups.comへご連絡ください。
  • 2010/8/13:特別セッションとして、情報処理学会知能システム研究会 第160回知能システム研究発表会を開催することになりました。詳細は特別セッションをご覧ください。
  • 2010/8/11:Abstract submission deadline has been extended to 8/24/2010.
  • 2010/8/11:発表申込の締切りを8月24日(火)へ延期しました。
  • 2010/7/29:Abstract submission for iJAWS2010 started. See iJAWS2010 Abstract Submission.
  • 2010/7/29:JAWS2010の発表申込を開始致しました。詳細は発表申込をご覧ください。
  • 2010/7/23:IEEE Computer Society Japan Chapterの後援を得ることになりました。
  • 2010/7/7:JAWS2010ホームページを公開しました。


エージェントは利用者や他のエージェントと知的に相互作用する自律的ソフトウェアであり、次世代の分散システムを構築する中核的技術として国内外において盛んに研究が進められています。JAWSはこのような分野の研究交流の場として、日本ソフトウェア科学会「マルチエージェントと協調計算」研究会、電子情報通信学会「人工知能と知識処理」研究会、情報処理学会「知能と複雑系」研究会、人工知能学会「知識ベースシステム」研究会が協同で開催する学会横断的なイベントです。

JAWS2010では、「エコ&マルチエージェント」をテーマとし、特別セッションや招待講演を通じて、マルチエージェントシステムの技術が資源の効率的活用など、環境問題に向けた技術革新にどのように貢献できるかを議論していく予定です。自律分散システムにおいて、社会資源や環境資源をいかに効率的に利用するか、持続可能なシステムをどう実現するかは重要な課題です。また、現在、電力(スマートグリッド)、水道、交通、物流、クラウドコンピューティング等、マルチエージェントが取り組める実問題は多数存在します。参加者の皆様と理論・応用の両面から議論したいと思います。

研究論文は、「ロング発表研究論文」「ショート発表研究論文」の二区分に分類して投稿を受け付けます。ロング発表研究論文は、完成度の高い論文を対象とし、発表時間も従来よりも多くなります。国内第一人者の先生方と濃密な議論を行うことで、難関国際会議への採択に向け、論文の更なる質の向上が期待できます。ショート発表研究論文は、初期や発展途上の段階の研究報告、研究成果の速報的報告、予備的研究の報告などを対象とします。多くの人と議論したい研究に関する内容紹介も歓迎します。JAWS2010では、インタラクティブに参加者らと議論する場として、ポスターセッションを設けます。ショート発表研究論文は、従来よりも少ないページ数での投稿が可能です。

JAWS2010では、一般セッションのほか、招待講演、電子情報通信学会 サービスコンピューティング時限研究専門委員会との特別セッション、ポスターセッション、ポジションペーパー発表セッション、メンタリングセッションなどのワークショップを予定しています。

新たな試みとして、international JAWS2010 (iJAWS2010)を設立します。これまで、JAWSでは、留学生などの英語発表論文は一般のセッションで発表して頂いていました。近年、留学生の参加が増加しているだけでなく、博士課程の学生など若手研究者による、海外での学会活動の機会が増加しています。そのため、国内でも英語論文発表の場を増やし、英語での議論や討論を行えるようにコミュニティとしてバックアップしていきたいと考えます。iJAWS2010は、JAWS2010の併設ワークショップとして開催します。iJAWS PC Chairは京都大学 David Kinney先生が務めます。留学生だけでなく、博士課程の学生など若手研究者の皆さんからの応募をお待ちしています。

エージェントの研究開発に携わっておられる方はもちろん、関連技術やその応用に興味をお持ちの方々の幅広い参加を期待しています。皆様奮ってのご投稿・ご参加をお待ちしております。また、JAWS2010終了後には、電子情報通信学会論文誌にて「ソフトウェアエージェントとその応用」特集号の論文募集を行う予定です。シンポジウム論文をもとに、特集号にも是非ご投稿ください。

























Last-modified: 2011-06-20 (月) 13:34:05 (1835d)