JAWS 2007

Joint Agent Workshops and Symposium 2007      Time-stamp: <2007-10-02 11:14:20 mine>

JAWS 2007 Top Page

合同エージェントワークショップ&シンポジウム2007 (JAWS2007)

開催期間
2007年10月29日(月)〜31日(水)
会場
沖縄コンベンションセンター
510x267(201525bytes)
論文原稿締切
2007年8月31日(金)
2007年9月3日(月)
参加早期登録締め切り
2007年9月7日(金)
最終原稿締め切り
2007年10月5日(金)
2007年10月8日(月)

http://www-al.is.kyushu-u.ac.jp/jaws2007

その他のお知らせはお知らせページを御覧下さい。

JAWS 2007開催にあたって

エージェントは利用者や他のエージェントと知的に相互作用する自 律的ソフトウェアであり、次世代の分散システムを構築する中核的技術として国 内外において盛んに研究が進められています。JAWSはこのような分野の研究の場 として、日本ソフトウェア科学会「マルチエージェントと協調計算」研究会、電 子情報通信学会「人工知能と知識処理」研究会、情報処理学会「知能と複雑系」 研究会、人工知能学会「知識ベースシステム」研究会が協同で開催する学会横断 的なイベントです。

第1回函館大沼プリンスホテル、第2回淡路島ウェスティンホテル淡 路リゾート、第3回ホテルメゾン軽井沢、第4回箱根ホテル小涌園、第5回鈴鹿サー キットホテルの成功に引き続いて、本年は、沖縄コンベンションセンターで JAWS2007を開催することとなりました。エージェント研究に関する国内の主要研 究会が集結した場でエージェントの研究・開発者が一同に集まり、討論や情報交 換を行うことは、極めて効果的かつ意味のあることと考えます。

JAWS2007では、一般セッションのほか、招待講演、特別セッション やJAWSメンタリングプログラムからなるワークショップを予定しています。合宿 形式の開催とすることで、時間を気にすることなく密度の濃い議論と交流が可能 となります。沖縄コンベンションセンターは那覇空港からバスで30分程度ながら、 充実した施設と豊かな自然に囲まれており、ここでの研究討論は実り多いものに なると確信しております。

エージェントの研究開発に携わっておられる方はもちろん、関連技 術やその応用に興味をお持ちの方々の幅広い参加を期待しています。皆様奮って のご投稿・ご参加をお待ちしております。また、JAWS2007終了後には、日本ソフ トウェア科学会にて「ソフトウェアエージェントとその応用」特集号の論文募集 を行う予定です。シンポジウム論文をもとに、特集号にも是非ご投稿ください。

対象分野

エージェントの概念・理論・技術
基礎理論/エージェント間通信プロトコル/エージェント アーキテクチャ/エージェント記述言語/エージェント 協調技術/エージェント処理系/フレームワーク/エージェ ントインタフェースなど
エージェントの応用
情報の収集・統合・流通/モバイル/P2P 通信支援/コミュ ニティウェア/ソーシャルウェア/Semantic Web/Web2.0/ インターネット応用システム/協調作業支援/ネットワー ク管理・運用/ウェブベースドトレーニング/産業シス テムへの応用/電子商取引/オークションと計算論的メ カニズムデザイン/エージェントシミュレーション/ Gridとエージェント/ソフトウェア工学への応用など

以上の分野に限らず,エージェントに関する論文であれば,投稿を歓迎します.

重要日程

シンポジウム発表申込締切2007年 7月27日(金)
シンポジウム論文原稿締切2007年 8月31日(金) 2007年 9月3日(月)
シンポジウム採録通知 2007年 9月28日(金) 2007年10月1日(月)
シンポジウム最終稿締切 2007年10月 5日(金)2007年10月8日(月)
シンポジウム開催2007年10月29日(月)〜31日(水)
論文誌特集号投稿締切2007年11月30日(金)
論文誌特集号発行予定2008年10月号

発表申込及び原稿投稿先

下記から発表申し込みおよび原稿のアップロー ドを行ってください。なお、発表申し込み時には、タイトル、 著者名、所属、論文概要(100-200文字程度)などの簡単な情報 が必要となります。

投稿要領

ページ数は,下記の投稿用のスタイルファイルで,8ページを上限とします. 投稿は,下記の原稿投稿のページから,PDF形式で投稿して下さい. なお,本スタイルファイルはJAWS2007の最終原稿投稿の際の スタイルファイルも兼ねています.

参加費&宿泊先

参加費

 早期登録一般登録オンサイト
共催・協賛学会会員17,000円20,000円23,000円
非会員20,000円23,000円26,000円
学生12,000円15,000円18,000円

 ※早期登録は9月7日まで、一般登録は9月8日〜10月24日まで. (それぞれの期間を延長しました.8月21日)

宿泊先

438x233(75960bytes) ラグナガーデンホテル (LAGUNA GARDEN HOTEL)
(コンベンションセンターまで,徒歩5分程度)
〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-1-1
tel.(098)897-2121, fax.(098)897-7711
http://www.laguna-garden.jp/index.html

参加申し込み

参加登録および旅程プランについて( HTML形式)と(PDF形式) (但書きを追加:2007年9月25日)

送迎バス

那覇空港とホテルの間の送迎バス(JAWS2007専用バス)の案内です.

最優秀論文賞,優秀論文賞,および学生奨励賞

シンポジウム論文の査読結果により優秀論文を数件を選出し、優秀 論文賞を授与します。優秀論文の中からプログラム委員による投票 によって、最優秀論文賞を選出いたします。また、Ph.D.セッション (新設)で発表した学生を対象に、学生奨励賞を授与します。

オーガナイズドセッション

エージェントベースシミュレーション,ヒューマンエージェントイ ンタラクション,ウェブエージェント,ユビキタスエージェントプ ラットフォームの4つの話題に焦点を絞ったセッションです.新進気 鋭の研究者が中心となってセッションをオーガナイズし,ベテラン の研究者がディスカッサントとして参加します.それぞれの分野の 最新の研究成果と今後の動向について議論します.

オーガナイザ

情報処理学会知能と複雑系(SIG-ICS) 特別セッション「オークションとメカニズムデザイン」

近年,インターネットやWWWの爆発的な普及に伴い,これまでには ないサービスや財を取引するようなオープンな電子マーケットが普及し始めてお り、その構築技法としてオークション理論やメカニズムデザイン理論が注目を集 めています.今回の情報処理学会知能と複雑系(SIG-ICS)特別セッションでは, オークションとメカニズムデザインをテーマとして,電子商取引,市場,電子マー ケット、オークション理論,スポーンサードサーチ型オークション,計算論的メ カニズムデザイン,電子商取引支援エージェント,情報財や新しい財、知的Web サービスやそれらに関連する発表と討論を行います.

メンタリングプログラム

474x296(21902bytes) 428x300(23073bytes)

昨年同様に今年もメンタリングプログラムを予定しています。これ は、普段はコメントをもらえない他大学、他研究所の研究者か ら研究に関するコメントとアドバイスを受けるプログラムで、 学生向けとなります。お申し込みは論文とは別に山形大学の松 尾徳郎先生 (matsuo (at mark) tokuro.net, 山形大学)へお願 いいたします。

Ph.D.セッション

新たな企画として、博士後期課程の学生、または、後期課程に進学予定の学生に よる発表を集めたPh.D.セッションを開催します。次代を担う若手エージェント 研究者の育成の場として、第一線で活躍するベテラン研究者から貴重な意見や叱 咤激励を受けることが期待できます。このセッションは、メンタリングプログラ ムの次のステップと位置づけられるもので、過去にメンタリングプログラムに参 加した学生を優先して採用します。学生奨励賞は、ここでの発表を対象に選考し ます。お申し込みは論文とは別に山形大学の松尾徳郎先生 (matsuo (at mark) tokuro.net, 山形大学)へお願いいたします。

問合せ先

〒819-0395 福岡市西区元岡744番地 研究教育棟ウエスト2号館9階956
九州大学大学院 システム情報科学研究院 知能システム学部門 峯 恒憲

E-mail: jaws2007-core(at mark)googlegroups.com

JAWS2007委員会

プログラム委員長
大須賀昭彦(電気通信大学)
峯恒憲(九州大学)
実行委員長
岩崎敦(九州大学)
オーガナイズドセッション企画委員長
北村泰彦(関西学院大学)
特集号編集委員長
栗原 聡(大阪大学)
JAWSプログラム委員
荒井幸代(千葉大学)
藤田悟(NEC)
藤田茂(千葉工業大学)
福田健介(国立情報学研究所)
福田直樹(静岡大学)
服部宏充(京都大学)
服部文夫(立命館大学)
平山勝敏(神戸大学)
市瀬龍太郎(国立情報学研究所)
今井倫太(慶應義塾大学)
石田亨(京都大学)
石川冬樹(国立情報学研究所)
伊藤孝行(名古屋工業大学)
岩沼宏治(山梨大学)
岩崎敦(九州大学)
井寄幸平(広島修道大学)
和泉潔(産業技術総合研究所)
片上大輔(東京工業大学)
加藤貴司(岩手県立大学)
川村秀憲(北海道大学)
木下哲男(東北大学)
北村泰彦(関西学院大学)
久保田秀和(京都大学)
栗原聡(大阪大学)
桑原和宏(立命館大学)
丸山文宏(富士通研究所)
沢村一 (新潟大学)
松原繁夫(京都大学)
松尾徳朗(山形大学)
峯恒憲(九州大学)
森山甲一(大阪大学)
生天目章(防衛大学校)
楢崎修二(長崎大学)
西野成昭(東京大学)
大須賀昭彦(電気通信大学)
小野哲雄(公立はこだて未来大学)
大沢英一(公立はこだて未来大学)
大園忠親(名古屋工業大学)
澤本潤(岩手県立大学)
篠田孝祐(防衛大学校)
新谷虎松(名古屋工業大学)
菅沼拓夫(東北大学)
菅原研次(千葉工業大学)
菅原俊治(早稲田大学)
角康之(京都大学)
高玉圭樹(電気通信大学)
高橋大志(岡山大学)
鄭顕志(早稲田大学)
寺野隆雄(東京工業大学)
辻秀一(東海大学)
打矢隆弘(名古屋工業大学)
山田誠二(国立情報学研究所)
八槇博史(名古屋大学)
横尾真(九州大学)
吉岡信和(国立情報学研究所)

これまでのJAWS